植毛 抜け毛対策情報

植毛や抜け毛対策の情報サイト

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

育毛剤 抜け毛への対処法 

植毛 抜け毛

抜け毛への対処法 育毛剤

様々な育毛剤が市販されていますが、医学的に発毛作用が確認されている薬品は今のところ次の2種類と言われています。

ミノキシジル
頭皮にかける外用薬で、もともとは高血圧の治療薬として開発された薬です。血管拡張作用によって発毛を促すが、全身の毛も増やす作用があると言われています。

フィナステリド
内服薬で、頭皮における男性ホルモンの作用を抑制し、脱毛を防止するとともに発毛を促す効果があると言われています。
日本では、万有製薬が2005年10月11日に厚生労働省の承認を受け、自由診療として医師の処方箋に基づいて使用できるようになりました。

ただ、これらの薬品も効果があるかどうかは体質次第であり、人によっては一層抜け毛が進むこともあるとされています。

[ 2006/12/09 18:44 ] 育毛 発毛 | TB(0) | CM(1)

抜け毛 女性 産後 

植毛 抜け毛

女性の方で、産後のホルモンの変化によって、抜け毛が増える人が多くいます。

慣れない育児へのストレスや睡眠不足なども原因のひとつと言われています。

時間が経つとおさまる人が大半ですが、あまりにひどい場合は抜け毛治療の専門医に相談した方が良いと思います。
[ 2006/12/07 18:48 ] 抜け毛 女性  | TB(0) | CM(0)

自毛植毛の長所 

植毛 抜け毛

自毛植毛の長所

自毛植毛の長所は、何と言っても後々の手間がかからない事です。一回植毛を施しておくと、生きた毛髪ですから日々成長し続け抜けてもまた生えかわりますから外見上も自然です。

又、自毛植毛の短所と相反しますが、初期費用は高額となりますが、メンテナンスに費用がかからないため、長期的に見ると自毛植毛以外の抜け毛対処法より安上がりと言う長所もあります。

[ 2006/12/06 22:50 ] 自毛植毛の長所 | TB(0) | CM(0)

自毛植毛の短所 

植毛 抜け毛

自毛植毛の短所

自毛植毛は、移植毛の株分けや、植毛箇所への植え込みに特別な訓練を積んだ医師と看護士のチームが必要です。

従って、植毛手術は人件費からして高額となる上、病気の治療ではないので健康保険は適用されず、全額自己負担となります。

その他、植毛に必要な毛量が限られているので、抜け毛の部分が非常に広かったりすると対応できないことや、頭皮に若干の傷が残るなどの問題もあります。
[ 2006/12/06 22:49 ] 自毛植毛の短所 | TB(0) | CM(0)

かつら 抜け毛の対処法  

植毛 抜け毛

抜け毛への対処法 カツラ


かつらは、人工毛または人毛によりヘアスタイルを作って、頭部に装着する器具です。

抜け毛などの、外見上の改善には絶大な威力を発揮し、全面的な抜け毛の場合は、唯一の手段です。

しかし、かつらはオーダーメイドのため、一つの製作に数十万円の費用がかかります。
また、磨耗を防ぐため2個以上製作して交換しながら使用するのが一般的です。磨耗が進むと、残っている髪の毛とつり合いが取れなくなるため、作り直す必要もあります。
そのためかつらの維持費は年間50万円くらいとも言われています。

その他、かつらを着用している事自体が悩みになる場合もあります。見た目は改善されていますが、かつらをしていることがバレるのではないかという別の悩みを抱え込むことも多いようです。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。